仕事選びから面接まで、あなたの再就職を全面サポート

再就職は、自分の能力の棚卸から

職場選びは、自分の経験や資格などの能力の棚卸をしてみるとよいですね。

そして自分が希望する職場を獲得するために必要なら、新しく資格を取ることも考えるとよいです。

とにかく主婦生活が自分の世間を狭くして職場の生活には不十分なことが多いことを自覚して、棚卸後の不足点を補充拡張しておくことですね。

職場では基本である次のようなことも主婦生活ではおろそかになりがちです。*必ずメモを取る。*まず行動。*マクロに考える。*理性的に考えて行動する。*逃げてはならない。*時間を守る。*大きな声を出す。*新聞を読む。*Yes, No をはっきりとさせる。*辞書を引く癖を付ける。*約束を守る。*上限の壁を作らない。*電話をたくさんとる。*不平不満を言わない。*事実をして語らしめる。

こうしたことも、応募する前に、しっかり復習しておきましょう。

再就職を勝ち取る棚卸のコツ

経験や資格の棚卸といっても、職場の専門的なことばかりではありません。

主婦生活のうちに、PTAの役員として活動してきたとか、地域のボランティアに参加して活動した、高齢者の介護に携わった、というようなこともきちんと棚卸しておきます。こうすることで主婦生活のブランク中にも身に着けたことが、これからの仕事に生かせる長所として見えてきます。

PTAやボランティア活動になれば、組織の力学が働きますから、どんな場面ではどう処理したかということが職場でも役に立つ経験として生きてきます。会社の同僚やお客さんとの会話でコミュニケーションを作る力に優れていれば、職場の戦力にもなります。

こうした資格や経験の棚卸の中には、現役の友人などのネットワークも入れて考えるとよいでしょうね。時にはそうした友人を食事に招待するくらいの投資も良い投資を言えますね。ブランクで古くなった自分の手持ちの情報をバージョンアップできます。